この情報は、ログインしなくても参照可能です

NTT関 係技術士の会発足趣旨説明

「NTT関係技術士の会」の発足について(趣旨説明)

2009年5月14日

1.はじめに

科学技術の急速な進歩による世界のグローバル化と環境問題・エネルギー問題・食糧 問題・人口問題等の深刻化に伴い、社会の安全・安心の確保、専門家倫理の確立、専門資格の国際的認知と流動性の促進などが緊急の課題となって来ている。

こうした事態に対応して我が国でも近年、技術士法改正(2000年)、APECエンジニア 登録開始(2002年)、JABEEによる技術教育認証開始とWA(ワシントンアコード)加盟(2005年)、EMF国際エンジニア登録開始(2008年)などエンジニアに関わる法的・制度的な手直しや改革が急ピッチで進められている。

社団法人日本技術士会は、我が国唯一の公的技術者集団として、これらのパラダイム シフトに主体的に対応すべく、自発的な決意表明として、「技術士ビジョン21」及び「技術士プロフェッション宣言」を公開した。(2004年)

多数の技術者及び技術者候補を抱える企業・学校・学協会等にとって、この機運を正 確にとらえ的確に対処することは極めて重要である。また、個々の技術者にとっても、これらの社会的動向を看過することは致命的なハンディを負う事態を招きかねない。